2012年クリスマス・ウィンタースクール

新しい年を迎え、寒さも一段と強まってきました。 トリニティー周辺の植え込みや道のところでも、気付けば、霜柱や氷など本格的な冬の風 景ががあちこちに散らばっています。

教室に来てくれているみなさん、そして、シーズンスクールに参加してくださったみなさん、 本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2012年の冬休み。 「未就園児の親子クリスマス会」では、サンタクロースもやってきて、手作りのサンタ人形 といっしょにクリスマスソングを合奏しました。 「お菓子のお家をつくろう」では今年も傑作が続々登場!お菓子を使った工作に、子ども たちの目も輝いていました。

ロシア料理に挑戦し、あったかいピロシキやスープに「おかわり!」の声が続出でした。 体操では、教室の中から公園へ飛び出し、寒さを吹き飛ばす元気さで、縄跳び等をしな がら、みんなで体を動かしました。

次回はスプリングスクール。 あたたかな春の陽光の下で、みんなの笑顔と出会えるのを楽しみにしています。 ぜひ、あそびに来てくださいね。

winter4winter5winter6

winter2winter3winter1

 

 

2012年 サマースクール

9月になり、風も少しずつ涼しさを運んでくるようになりました。トリニティーこども教室のサマースクールは、今年も無事に終わりました。

クッキングの時間に、初めて包丁を使った後、「先生、お料理って楽しいね!」と目を輝かせていた子。遠足では、暑い日差しの中を、年上の子が小さな子の手を取り、がんばって歩きました。体操では、発表会に向けて、できるまで何度もとび箱に挑戦した子がいました。

思わず笑顔になるようなエピソードが日々生まれ、子どもたちは、いろいろな経験を体に、心に、刻んでくれたことでしょう。

来年も、みんなの笑顔に出会えることを楽しみにしています。ぜひ、またトリニティーこども教室にあそびにきてくださいね。

 

2012年 スプリングスクール

 

「紙ねんどでミニチュア料理をつくろう!」

この日は、紙粘土でミニチュア料理作りに挑戦です。

この色とあの色を混ぜると、どんな色になるのだろう…と、考えながら絵具を混ぜ、小さな小さなスイーツやお料理をつくりました。
写真はドーナツのキーホルダーです。見た目も触感もまるで本物のよう。思わず食べてしまいたくなるくらい、おいしそうに出来ました。 (大津)

 

 

 「ステンドグラスを描こう

造形ワークショップでは、色鮮やかなステンドグラスづくりを行いました。

まずは、真っ暗にした部屋でOHPを使い、壁一面にセロファンで色を映したり、影あそびをしながら、暗闇と光の世界を体験。

そして、どんなステンドグラスをつくろう?と下絵を描きながら、思いを巡らせました。
鉛筆で描いた白黒の絵から、絵具やセロファン・透明シートを使って、ステンドグラスへ…光を受けて、たくさんの色が鮮やかに輝く作品ができあがりました。(野上)

 

 「キャラ弁をつくって公園へピクニック!」

 スプリングスクール恒例のお弁当クッキングプログラム。
今回は、『キャラ弁を作って公園で食べよう!』

まずは、どんなキャラクターを作るか、おかずのデコレーションを考えて完成予想図をスケッチ。ポケモンのモンスターボールやうさぎちゃんなど、出来上がりが楽しみです。

白いご飯にフリカケなどを混ぜると、黄色や、ピンク、青、etc、カラフルなご飯が出来ました。ラップでご飯を握りキャラクターの形にしたり、型で押し出したり…形が出来ると、海苔やハム、スライスチーズなどを使いデコレーションしていきます。

おかずのウインナーもカニさんやうさぎ、さかななどに変身。女の子は、ウインナーの両端を切って、丸い方を切った面に両側からパスタで差し込みリボンやキャンディーに見立てるのが人気でした。

作っているうちに だんだんお腹が空いてきました。つまみ食いなどしながら、やっと完成!
一生懸命に自分の為に作ったプレート。お友達とお話ししながら、おいしくいただきました。(山﨑)

 

2011年 クリスマス・イベント

「お菓子のお家をつくろう」

クリスマス・イベントでは、毎年恒例の「お菓子のお家づくり」を行ないました。

赤・黄色・緑・・・たくさんの色と種類のお菓子のお皿がテーブル一面に広がります。まるで夢のよう・・・

キャンディーやクッキーをモザイクのように組み合わせたり、チョコのキノコやグミのクマさんを森のの風景のように散りばめたり。
このワークショップは、毎年行なっていますが、同じお子さんでも、去年と全くイメージの違うお家ができあがったり、また、隣に座っている子との会話からヒントをもらって、作品が変化したり・・・と年齢やその場の関係性でどんどん作品が豊かになっていきます。

その姿は、見ていて、本当に楽しいものです。

今年も、子どもそれぞれの素敵なお家が出来上がりました。

(野上)